【投資遍歴】米国ETF投資にたどり着くまでに10年かかりました① - moneyinfo

【投資遍歴】米国ETF投資にたどり着くまでに10年かかりました①

これまで15年近く株式投資に取り組んできましたが、結局はどれだけ早いタイミングで米国ETF投資に行つけるか、心から個別株の誘惑から脱却できるかにつきると思います。

私は米国ETF投資にたどり着くまで結局10年以上かかりました💦

初めて買った株がVOOまたはVTIと言う方はそれだけで偏差値70超の大変優れた投資家だと思います。

ではなぜ米国ETF投資にいきなりたどり着けないのかを、恥ずかしながら私のこれまでの投資遍歴を紐ときながら紹介いたします。

私の年代別の投資方針はざっくり以下の通りです。

【投資戦略フェーズ】

①2006年〜2009年 日本株大型優良株投資

②2010年〜2014年 日本株グロース株投資

③2015年〜2017年 日本株テーマ株投資

④2018年〜2019年 日本・米国高配当株投資

⑤2020年〜2021年 米国ETF投資・株投信投資

それぞれ解説していきます。

①2006年〜2009年 日本株大型優良株投資

投資初期には”あるある”なのですが、やはり身近な日本株から始める方が多いと思います。この頃は米国株投資はかなりマイナーで手数料も高かったと記憶してます。ましてや米国ETFなんてという環境でした。

この頃は単純に知名度のあるトヨタやドコモを購入していました。当然若い頃なので投資力もなく100株買うのも大変だったように記憶しています。

2006年頃からは1年毎に内閣総理大臣が変わる自民党政権末期であり、2009年9月の民主党政権誕生期でもあって、日本株は低迷していたように思います。

よって、いくら優良な株を買ってもなかなか上がらず、株式投資でも儲からないもんだなと思っていました。結局はこの頃から持っている株はゼロです。

信念を持ってこの頃株式投資したものを持っていれば損することはなく儲かっていたと言うのは結果論ですが確かに真実でもあります。

こちらはトヨタ株のチャートですが2007年頃に買っていたものを持っていれば確かに3倍位にはなっています。

<トヨタ>

しかしながら(私自身も忘れかけていたのですが)2008年9月からリーマンショックが来るので、そもそも握力強く株式を持ってられた投資家がどれだけいるでしょうか…損失回避バイアス(損失回避の法則)の餌食ですよね。

②2010年〜2014年 日本株グロース株投資

リーマンショックで打ちひしがれる日々が続きますが、今思えば若かったこともあり株式エクスポージャーもそれほどありませんでした。

よってリーマンショックによる直接的なマイナスはたかが知れていたと思います。しかしながらこの時の記憶が長く私に刻まれ、2011年3月の東日本大震災も相まって、日本株式市場への疑心暗鬼は根深く、ダブルインバースと言う恐ろしい投信に手を出してしまうのでした。これも損失回避バイアス(損失回避の法則)ですかね。

また、リーマンショックがあったのにもかかわらず株式投資に慣れてきて、いわゆるダブルバーガーやテンバーガーを実現し早く資産家になりたいと言う欲求が勝っている時期です。

テクニカル分析の勉強もしていました。今思えばテクニカルで必要な指標っていうのはデイトレーダーではない限りかなり限られており、最悪移動平均線、RSIだけでも間に合ってしまうかもしれません。

当時私も主に流行のマザーズの株式をいろいろ買っていました。

流行のミクシィやDeNA、あとKLab(ゲーム株)等でした。今は信じられないかもしれませんが、リーマンショック後で外資系金融人気が下火になり、東大生もこぞってこの業界に就職活動しており、大変もてはやされていた企業群でした。

特にゲーム株に投資していた頃はアプリの順位やリリース内容を非常に気にしていたように思います。

結局流行株と言うのは暴騰後暴落するので大損ばっかりでした。あまりにも負け続けるので、この頃に節約生活が身についたのでした。この話は追々でも。

下はKLabの株式チャートですが、やはりデートレーダーの餌食になっており、素人が手を出しても儲かるようなものではありません。もともと飲み会の席で専業トレーダーがKlab株で儲けたと言う話を聞いて始めたのでした。今なら絶対に手を出しませんよね。

<KLab>

③2015年〜2017年 日本株テーマ株投資

この頃はグロース株投資戦略と似ているのですが、将来有望なセクターの企業に投資をしようと資金を振り向けていたところです。

自動議事録システムのアドバンストメディアや旅行代理店ハナツアージャパン、また暗号資産銘柄としてのオウケイWでした。

<アドバンストメディア>

<ハナツアージャパン>

<オウケイW>

どれもイナゴタワーが特徴で、暴騰後はひどいもので、今思えば損切りしておいてよかったです。ガッツ損しましたが。

またこれ以上は日本株は上がらないであろうと言う思いからダブルインバースにも手を出していました。

<ダブルインバース>

皆さんもお気づきの通り投資戦略としてはいずれも最悪で、結果数百万円を失い、本当に本当に辛かったです。一旦投資から距離をおいたのもこの時期でした。

長くなりますので、一旦ここで終わります。続きは以下をご参照下さい。

当ブログでは個別の銘柄について言及することがありますが、投資を推奨しているものではありません。投資は自己判断でお願いします。

今回も最後までお読み頂き有難うございました!

応援クリックをぜひぜひお願い致します!

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA