【投資雑感】25年後の株価 - moneyinfo

【投資雑感】25年後の株価

3年先、5年先を予想するのは難しく、25年経てば状況が一変するのが常の世です。

年末、京都・奈良の世界遺産となっている寺院仏閣を見ていると、目先の株価変動も些細なことのように感じます。

奈良 興福寺 五重塔

一方で、米ダウ平均株価もこの150年間のうち20年で戻らなかった相場はなく、米国S&P500指数は今後25年で少なくとも5倍〜6倍になっていることが期待されます。

25年後の未来は、テクノロジーやネガティブ要因も含め、目先よりも比較的読みやすく、地震や台風といった天変地異だって今後25年間に起こる確率は相当に大きいです。

25年後の日経平均株価

ちなみに少し前である2020年時点で、25年後の株価はどのように予測されていたのでしょうか?

日経QUICKニュース社により、2020年に東京市場の関係者に25年後の株式・為替相場を予想してもらう「2045年大予測アンケート調査」を実施しており、そちらの結果をご紹介致します。

2045年末時点の日経平均株価の水準について、専門家49人の回答の中央値は4万5200円で、低金利の長期化や円安をてこに1989年12月末に付けた過去最高値(3万8915円)を16%上回るとみているようです。

日経QUICKニュース社調査(2020年)

中央値の4万5200円は2021年末日経平均の約1.6倍です。専門家母集団数多くした上での中間値はある意味精度が高いと考えており、私もこの程度の株価水準にはなっているのではと考えております。

一方で、25年後の日経平均株価が過去最高値より高いとはいえ、25年間の投資リターンとして、こちらで満足できるか否かは人によって意見が分かれると思います。

米S&P500が年率7%程度の期待成長率であることを考えると25年間で5倍〜6倍の上昇が見込めます。よって私個人としては日本株に投資する理由はあまり見当たりません。

ドル円相場

同じ調査では、円の対ドル相場の中央値(回答43人)は1ドル=120円と、現在よりもやや円安・ドル高を見込む人が多いです。

日経QUICKニュース社調査(2020年)

短期的なドル円相場はわかりませんが、日本の国力低下に伴い、日本の円の価値は下落を続けると私は予測してます。

この予測が当たるか否かはどちらでもよいのですが、円建て資産をどの程度持っておくかは、これからの資産形成で非常に重要なKEYになってきますね。

京都 平安神宮

当ブログでは個別の銘柄について言及することがありますが、投資を推奨しているものではありません。投資は自己判断でお願いします。

今回も最後までたお読み頂き有難うございました!

厳しいの環境下、皆様の応援だけが励みになります。
1日1回、クリック(↓)をよろしくお願いします。

にほんブログ村

株式ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA