【激論】大和iFreeレバレッジNASDAQ100 vs QQQ vs QYLDの2021年リターン比較 - moneyinfo

【激論】大和iFreeレバレッジNASDAQ100 vs QQQ vs QYLDの2021年リターン比較

仮に2021年年初に①大和ifreeレバレッジNASDAQ100(レバナス)、②QQQ(NASDAQ100 ETF)、③QYLD(NASDAQ100のカバードコールETF、所謂高配当ETF)に各々1,000万円ずつ投資した場合、年間リターンはどのようになっているのかを検証しました❗️

なお、QYLDを詳しく知りたい場合にはこちらの記事をご覧くださいね。

【配当利回り11.3%】グローバルX NASDAQ100 カバード コールETF(QYLD)の魅力⁉️

リターン比較

NASDAQ系投信ETFの2021年リターン比較

①レバナスは約558万円の利益(2021/11/5時点)

②QQQは約276万円の利益(2021/11/5時点)

③QYLDは約112万円の利益(2021年年間配当予想から試算)

どの商品もとてつもないリターンなのですが、やはりレバナスは圧倒的です。レバナスとQYLDのリターン約5倍の差と非常に大きい差です。

リターンの中身は異なっており、QYLDのリターンの98.5%が配当であるのに対し、QQQのリターンは98.0%が株式値上がり益、レバナスは100%が株式値上がり益ですので、配当金への税金加味するとリターンの差は更に広がります。

一方でQYLDは2020年末の株価がUSD22.80、2021年11月5日の株価がUSD22.88とほぼ変わらずです。高配当な割に株価値下がりしておらず、配当利回りは11.04%と秀逸です。

あくまで現時点から眺めた結果ですが、高配当ETFでもあるQYLDへの投資は、こういった点を考えて行わないといけないです。

当ブログでは個別の銘柄について言及することがありますが、投資を推奨しているものではありません。投資は自己判断でお願いします。

今回も最後までお読み頂き有難うございました!

皆様の応援が励みになります。
1日1回、クリックた(↓)をよろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA