【過去最高更新】2021年12月末純金融資産残高(前月比+411万円)。残高は、、、 - moneyinfo

【過去最高更新】2021年12月末純金融資産残高(前月比+411万円)。残高は、、、

2021年12月末純金融資産残高

2021年12月末の純金融資産(金融資産−負債)の集計結果をご報告致します。

2021年12月末 純金融資産

純金融資産:81,124,354円

(前月末77,006,043円、前月比+4,118,311円)

ついに8,000万円突破です!

マイポートフォリオ

先月と変わらず、私の保有資産の大半は米国ETFにて構成されています。

メイン投資先としてVGT、QQQ、VOOを保有することにより、成長著しい情報通信セクター及びS&P500の株価上昇の恩恵を最大限に享受しています。

レバレッジETFとしてSOXL,TECLも少量ながら保有しています。

iFreeレバレッジNASDAQ100(レバナス)も継続積立しています。

2021年純金融資産推移

1年間の総括も兼ねて、2020年9月からの純資産推移をグラフで纏めたものが以下の通りです。

月末残高ベース、細線は移動平均

2021年を振り返ってみると、3月、5月、9月がマイナスとなった以外は前月比増減がプラスで推移しました。

もちろん給与所得で補っているポーションもありますが、ある意味で恵まれた米国株式市場環境であったと総括しています。

2021年9月以降は日々のボラテリティ高くて、精神的には辛かったですね( ; ; )

【投資雑感】悲報!米国株式下落続き、またまた100万円超が吹っ飛ぶ、、、

月別リターンのベスト、ワーストは以下の通りです。

2021年ベスト/ワースト月次実績

9月 →▲3.9%、 ▲2,743,931円

10月 →+10.3% 、+6,961,082円

9月のような下落は2022年もあると心の準備をしないとですね。

2021年通年パフォーマンスレビュー

結果、昨年末比での2021年12月末の純金融資産増加幅は+57.4%、+29,574,091円です。

給与所得による入金を除いたキャピタルゲイン(株式値上がり益)分は推定値にはなりますが、+45%、+2,300万円前後です。

円安効果を加味したETFパフォーマンスとほぼ一致しています。

2021年は初めて投資収益が労働収益を上回りました

2021年の投資戦略の良かった点

①インデックス投資を淡々と続けた点

②低収益資産の入れ替えもある程度完了した点

 ※2022年に残ったJT 100株を売却予定です。

③レバナスを積み立てを開始した点

 ※無事プラス転換しており、一安心しています。

【1日3万円積立】レバナス積み立ての損益は現状マイナス(泣) 【激論】大和iFreeレバレッジNASDAQ100 vs QQQ vs QYLDの2021年リターン比較

2021年の投資戦略の反省点

次なるポートフォリオの柱を見つけるべく、色々お試し投資をした結果、失敗も繰り返してしまいました。

詳しくは以下ページをご覧下さい。

①話題セクターETFへNISA投資した点

【米国ETF】バイデン銘柄(クリーンエネルギーETF)へ投資した結果

②右肩下がりのCWEBを”すけべ買い”した点

【悲報】CWEB無念の損切り(T . T)

③ストップ安の個別株レノバを”すけべ買い”した点

【投資雑感】個別株は難しい、またまた欲に負けて個別株投機で損切り(T . T)

2022年投資の基本動作

2021年の良かった点・反省点から、2022年は以下を徹底して参ります。

①米国株式市場以外には投資しない

②個別株は絶対購入しない

③株価右肩下がりの株式の値頃感による買いはしない

④米国ETF、レバナス積立を継続する

当ブログでは個別の銘柄について言及することがありますが、投資を推奨しているものではありません。投資は自己判断でお願いします。

今回も最後までお読み頂き有難うございました!

厳しいの環境下、皆様の応援だけが励みになります。
少しでも参考になったと思われましたら、クリック(↓)をよろしくお願いします。

にほんブログ村

株式ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA