1000万円毎の資産増加スピードは加速する⁉️(8000万円突破時点) - moneyinfo

1000万円毎の資産増加スピードは加速する⁉️(8000万円突破時点)

皆さんは1000万円貯めるのに何年かかるでしょうか?

人によっていろいろな答えがあると思います。5年と言う人がいれば、10年、20年と言う人もいるかと思います。

給与所得は人それぞれなので、この点は一律ではありませんが、株式投資をしていれば資産の増え方は加速していくと言うことを今回お伝えしたいと思います。

資産増加スピード

過去の記録をもとに、私が資産を増やしてきたスピードを今回まとめたのですが、自分でも少々驚いてます。

1000万円毎の突破年月

0,100万円突破 2009年03月(推定)

1,000万円突破 2015年12月

2,000万円突破 2017年12月

3,000万円突破 2018年08月(推定)

4,000万円突破 2020年07月

5,000万円突破 2020年12月

6,000万円突破 2021年06月

7,000万円突破 2021年08月

8,000万円突破 2021年12月←NEW

資産が増えれば増えるほどその増加スピードを増しているのがわかって頂けると思います。もちろん私自身の給与所得の増加が寄与しているのはありますが、成長する株式に投資するということが何よりも大切であることもこれまた事実です。

100万円から1000万円は資産を10倍にする必要があるので6年9ヶ月、1000万円から2000万円までは資産を倍にしなければならないこともあって、さすがに2年かかっていました。

しかし、6000万円から7000万円にもなると、資産が16%増えれば良いだけなので、資産増加が圧倒的に早くなっています。

試算増加スピード加速の原理

1,000万円
 ↓100%
2,000万円 
 ↓50%
3,000万円
 ↓33%
4,000万円
 ↓25%
5,000万円 
 ↓20%

ここから更に加速❗️

6,000万円
 ↓16.6%
7,000万円
 ↓14%
8,000万円
 ↓12.5%
9,000万円
 ↓11%
 1億円

1年や2年という短い期間ではできないことも、時間をかければお金を増やすことは可能です。運用期間が長ければ長いほど複利の効果を実感できたのではないでしょうか。

たとえば、ボーナス時などにまとまったお金を投資し、再投資しながら長期間運用します。さらに、毎月ムリのない範囲で一定額を積み立てします。このように一括投資と月々の積み立て投資を組み合わせることによって、複利の効果を最大限に引き出すことができます。

まずはいくらを突破すべきか

まずは歯を食いしばって1,000万円を貯めることができれば、その頃にはお金を貯める仕組みづくりができて貯める習慣が身についていますので、後は複利(時間)を味方につけることで、投資資金はどんどん大きくなっていきます。

私は年始に年末資産目標額を設定してきましたが、結果的に毎年私の想像以上に資産が増加しています。はじめは節約と給与を上げることで年間目標を超過達成してきましたが、特に4,000万円突破してからの資産増加スピードを加速できたのはこれだけが要因ではありません。

保有資産・マイポートフォリオ

個人的な分析では、2020年頃から投資戦略を高配当株投資からVGT、QQQ中心の米国高成長ETF投資へ変えたことが資産増加スピードを飛躍的に上昇させたと結論づけしています。

私の投資戦略遍歴に興味があれば以下をご覧ください。またマイポートフォリオの一角を担うVGTに興味があれば合わせて参考ページをご覧いただきますと幸いです。

【投資遍歴】米国ETF投資にたどり着くまでに10年かかりました① 【投資戦略】VGT投資の魅力(マイポートフォリオ)

また、レバレッジETF(SPXL,TECL,SOXL)、レバナスも総資産の20%未満に抑える(理想は10%から15%)を保有することで、資産形成加速に役立てています。

今後も奢ることなく、自分が無駄と思うものにはお金を使わず、着実に資産を増やしていきたいと思います。

当ブログでは個別の銘柄について言及することがありますが、投資を推奨しているものではありません。投資は自己判断でお願いします。

今回も最後までお読み頂き有難うございました!

皆様の応援が励みになります。
1日1回、是非ともクリック(↓)をよろしくお願いします。

にほんブログ村

株式ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA