【雑感】投資環境悪すぎて鬱、レイバーデー明けに怯える - moneyinfo

【雑感】投資環境悪すぎて鬱、レイバーデー明けに怯える

自分の投資原則も守れず、株価暴落で本当に辛い日々。あのトレード、あの損がなければと、後悔ばかり。

vooやvtiだけをひたすら買って、ホールドしておけばよかった、、、

確かに2022年に入ってからのS&P500指数は下降傾向

原因として考えられるのが、ロシアとウクライナの戦争による政策金利の引き上げ

今回の戦争によってインフレになった経済の熱を抑えるために、連邦準備制度理事会(FRB)は政策金利の引き上げを決定。

0.75%にも及ぶ金利の引き上げはおよそ30年ぶりの出来事で、今後のインフレを懸念した相場はS&P500の指数に表れている。

2022年当初は4,500ポイント程度もあった指数は、同年9月時点で3,900ポイントにまで下落

約半年で14%ものポイントを下落させる結果となってしまった。

でも、これぐらいで済んでいると言えばいいとも言える、、、

今後も下降相場が続くようであれば、S&P500に投資するのは難しく感じるかもしれないが、いつまでも下落相場が続くわけではない。

トレードを最小回数に抑えるべきなのに、それすらできていない、、、まじで鬱手前、、

どのようになるのか、、、

今回も最後までお読み頂き有難うございました!

皆様の応援が励みになります。
1
1回、クリック()をよろしくお願いします。

にほんブログ村

株式ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA