【Firstrade証券】海外証券会社に口座を開設した方が良い理由とは⁉️ - moneyinfo

【Firstrade証券】海外証券会社に口座を開設した方が良い理由とは⁉️

海外証券会社に口座開設するメリット

海外のETFを買おうとした時に日本の証券会社では取り扱っていない場合が結構あってストレスです。また将来海外赴任や海外移住を考えた際、日本の証券会社だけを起用するのはリスクになるので、今回海外の証券会社に口座開設するメリットについて紹介したいと思います。

海外証券会社に口座開設するメリットは以下の通りです。

  • 現地の証券会社だと、ほぼすべての銘柄にアクセスができる
  • 現地の方が、様々な取引手数料が安い
  • 現地の情報を無料で見ることが出来る場合がある。
  • 外貨を外貨のまま利用できる。
  • オプションを行うこともできる(2020年5月2日より日本のサクソバンク証券でも可能となりました)
  • 米国の証券会社ならば、DRIP制度(配当再投資制度)を利用できる(※2018年9月18日~国内証券のサクソバンク証券がDRIP取扱い開始)
  • 日本国外に、外貨としての資産形成を行うことができる。
  • いわゆる、日本の破産リスクに強い(日本がデフォルトしても大丈夫)
  • 世界に展開している機関(HSBCやCitibankなど)だと、国際送金に強い。手数料が安い。
  • 日本ではお尋ねが来るような海外送金でも、問題なく対応してくれることが多い。
  • 1年以上海外生活となった場合日本の証券口座を維持できないことがほとんどだが、海外の口座だと引き続き同じように投資が出来る。(日本の証券会社で積み立てなどを行っていると、海外赴任になればタイミングなど無視して売らなければならなくなる)

特に今では当たり前になった海外赴任のリスクに対処する必要があり、以下、関連記事です。

【悲報】海外赴任中は株式投資はストップ⁉️

では、どの証券会社がオススメなのでしょうか。

ズバリ、Firstrade証券です❗️

アカウント開設自体は無料、数分で完了するので、会社証券会社を通じた取引に興味がある人は検討してみても良いでしょう。日本やアメリカに住んでいなくても米国株を取引できるのは大きなメリットです。

Firstrade証券を利用するには、アメリカの銀行口座から入金する必要があります。日本からアメリカへの海外送金には、Wiseを使ってみるのを検討してもいいかもしれません。

以下、詳しく説明します。

Firstrade証券とは

Firstrade証券は、アメリカのネット証券会社です。日本の証券会社では、日本に住んでいないと取引を行うことができません。それに対し、Firstrade証券では居住地に関わらず証券取引を行うことができるため、海外在住の日本人から人気が高まっています。

Firstradeでの証券口座開設は無料です。口座最低残高の指定もなく、取引手数料も無料と設定されています。この記事では、実際にFirstradeの口座を開設する方法を見ていきましょう。

Firstrade証券の口座開設方法・必要なものは?

Firstrade証券の口座開設に必要なもの

  • パスポート 
  • W-8 BEN(アメリカのInternal Revenue Service(IRS: 内国歳入庁)に対して、外国人であること等を証明するために記入する書類。IRSのウェブサイトからダウンロード可能
  • 携帯電話番号
  • 住んでいる国の納税者番号(日本の場合はマイナンバー)
  • 住所を証明できるもの)
  • アメリカの銀行口座

アメリカの銀行口座をまだ持っていないという人は、特に日本からであれば、三菱UFJ銀行を通してユニオンバンクの口座を開設するのも選択肢となります。

但し、三菱UFJフィナンシャル・グループが傘下の米地銀、MUFGユニオンバンクのリテール部門を米地銀最大手のUSバンコープに売却する方針とのことで、今後の動向に注意が必要です。

Firstrade証券の口座開設方法

Firstradeには、アメリカ在住者向けの一般アカウントと、その他の国に住んでいる人でも開設できるインターナショナルアカウントの2種類があります。

以下ではインターナショナルアカウントの開設方法を詳しく紹介しますが、アメリカに住んでいる人なら一般アカウントを検討してみても良いでしょう。

  • Firstradeのホームページを開く
  • 画面最上部の「Open an Account(口座開設)」をクリック
  • 携帯電話番号を入力し、SMSで送られてきた確認コードを入力(または、通話で確認コードを取得)
  • 国籍と出生地を選択し「Next(次へ)」をクリック
  • パスポートの顔写真のページを写真を撮ってアップロードする
  • 氏名、住所、居住国の納税者番号(日本の場合はマイナンバー)などを入力し「Save, Next(保存して次へ)」をクリック
  • ユーザーID、パスワードなどを設定し「Save, Next(保存して次へ)」をクリック
  • 利用規約を読んだら「Click Here to Sign(署名する)」をクリックし、マウスやペンなどを使って署名する
  • 「Submit Application(口座開設申し込みを提出)」をクリック
  • 申し込み完了の旨を知らせるメールが届く

これで、口座開設の申請手続きは完了です。あとは審査結果が届くのを待ちましょう。ここまで完了すればFirstradeにログインできるようになりますが、取引開始は審査が完了してからになります。

パスポートの国と居住国が異なる場合は、この後住所を証明する書類の提出が求められます。光熱費など公共料金の請求書をアップロードすることになります。

また、後ほどW-8 BENの提出を求めるメールが届いたら、記入・提出しましょう。

日本からアメリカの銀行へ海外送金するには?

Firstradeの口座開設が完了したら、次はアメリカの銀行口座からFirstrade証券の口座に入金できるようになります。まだアメリカの口座に資金がないという人は、日本から海外送金をする必要が出てくるでしょう。

「海外送金といえば銀行」を考えている人も多いかもしれませんが、銀行からの海外送金は手数料が高額になりがち。送金手数料だけで5,000円を超えることも珍しくなく、さらに加えて為替手数料もかかります。着金までに時間がかかることも難点です。

銀行の代わりに、海外送金サービスWiseを検討してみるのも良いかもしれません。Wiseを使えば、日本の銀行の最大14倍安く海外送金ができます。日本の銀行口座から直接アメリカの口座に入金されるので便利に使えます。

Wiseの海外送金手順

  1. 無料で会員登録をする
  2. 送金額、通貨、送金先の国を選択
  3. 氏名、住所、電話番号、生年月日などの個人情報を入力
  4. 受取人の氏名、口座情報などを入力
  5. 送金内容を確認
  6. Wiseの日本口座に送金金額を振り込む

これで送金手続きは完了です。あとは、Wiseが受取人の口座に入金するのを待つだけ。複数の国内送金を活用した送金の仕組みによって、Wiseは送金手数料を格安に抑えています。また、常に実際の為替レートで両替するため、為替手数料を気にする必要もありません。 

さらに、Wiseマルチカレンシー口座では、外貨のまま海外送金を無料で受け取れたり、1つのアカウントで55以上の通貨を保有・両替できる機能もあります。ぜひチェックしてみてください❗️

当ブログでは個別の銘柄について言及することがありますが、投資を推奨しているものではありません。投資は自己判断でお願いします。

今回も最後までお読み頂き有難うございました!

皆様の応援が励みになります。
1
1回、クリック()をよろしくお願いします。

にほんブログ村

株式ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA