SOXL購入者に希望を与えたい - moneyinfo

SOXL購入者に希望を与えたい

SOXLはどこまで落ちるのでしょうか。

本当につらくてつらくてしんどいです。

毎日毎日、数百万円が消えて行くので、無力感しかありません。

私はどうなるのでしょうか?

毎日の労働が無意味に感じます。

歴史に学ぶなら、過去どのようなことが起こってきたのか改めて振り返ってみます。

誰かの救いになりますように。

2020年~2021年2月 政府の経済対策・FRBの金融政策・ワクチン期待での上昇

コロナ前のSOXLは、低金利の影響もあって2020年2月には21$/株まで大きく価格を上げていましたが、その後のコロナショックにより3月20日には4.26$/株まで下落。。。2022年6月の今の相場に非常に似ていますね、、、

しかしながら市場の急変に対する政府の経済対策やFRBの金融政策による投資マネーの流入や、ワクチン開発(経済の再開)への期待から、その後は米国株全体が右肩上がりで上昇し、2021年2月には46$/株と、1年弱で10倍の成長を見せます。

今回もこのような復活劇は可能と信じたいです。

しかしこれでは終わりません、、次の地獄が待っています。

2021年2月~5月 インフレ懸念による調整局面

2021年2月より、米国のインフレ懸念が高まり、株価調整と金利上昇局面に入りました。いつからインフレ懸念あるんだか、、、

SOXLも46$/株まで上昇したのち、3月上旬には27$まで一時的に下落します。

その後、長期金利の上昇が一服したことから、4月には45$まで回復しますが、4月CPIの高い結果を受けて米国株全には再び調整が入り、5月中旬にはSOXLの価格は一時28$/株まで再度下落しています。

今と状況酷似しています。この後どうなったのか?救われるのでしょうか?

2021年6月~ グロース株の再評価

2021年6月中旬、FRBの金融政策決定会合であるFOMCが、利上げ想定タイミングの前倒しを発表し、市場にサプライズを与えました。

ただしSOX指数にはネガティブな影響はなく、むしろFOMCの発表後も長期金利が安定的に推移したことで、グロース株が再び優位となる展開になりました。

長期金利の安定推移が鍵ですね。

2021年11月~ オミクロン株の懸念が追い風に

2021年6月以降は全ての米国株で悪い月が続き、なかなか回復傾向にありませんでした。

アメリカの債券利回り上昇を受けて、投資家がテクノロジー株の投資を敬遠したことが、株価下落の要因となっています。

また、米連邦債務上限への懸念、米金融当局へ政界からの批判が高まったことなども、混乱材料とされています。

2021年11月には新型コロナの新な変異種であるオミクロン株が発見されて、世界中で大きな話題となりました。

これにより、懸念が高まるかと思いきや、長期金利の上昇を抑制する方向に作用しやくすると考えた投資家によってグロース株が再び好調を取り戻す結果となったのです。

2021年12月~ 急激な政策スタンスの変更が招いた下落

2021年11月には70$近くまで高値を付けたSOXLですが、2022年1月価格は44$ほどまで下落、、、

これには、アメリカの急激な政策スタンスの変更が要因と言われています。

2022年に公開されたFOMC議事録では、量的金融緩和の終了時期を従来予定の6月よりも前倒しで行う方針に加えて、利上げの前倒し、さらには、量的緩和の引き締めについて議論されたことが明かされました。

FRBは2021年11月まで、2022年に1回の利上げというスタンスでしたが、インフレへの警戒感を強めたことで2022年の利上げ回数を3~4回行うという考えに変わっていたのです。

市場金利の上昇は、成長株にとって向い風となります。

現在価値の水準が引き下がることに直結する事から、グロース株への懸念が加速して今回のような下落を招いた形です。

2022年6月14日現在、SOXL終値は$15.55です。

半導体産業の未来

救いがあるならば、半導体産業はこれからも成長し続けるということでしょう。これは誰も疑いのないところです。

21年以降の半導体市場はさらなる成長期に入っています。

新型コロナウイルスにより各国はデジタルトランスフォーメーション(DX)やグリーントランスフォーメーション(GX)を加速しており、それに伴うデータセンター投資も増加し始めています。

DXやGXは主に政府が投資を行うもので、これまでの個人消費に加え、政府投資による半導体需要の拡大が期待されます。

人の欲は無限です。それをうまく乗りこなし、操ることができれば、SOXLとも上手に付き合っていけるでしょう。

なぜ、SOXLを購入したのか?

それは人生を変えるため、若くして億り人になるためですよね、これを忘れてはいけません。

今回も最後までお読み頂き有難うございました!

皆様の応援が励みになります。
1
1回、クリック()をよろしくお願いします。

にほんブログ村

株式ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA